看護部 of 東小樽病院


logo-final.png
小樽市新光2丁目29番3号 TEL 0134-54-7111 FAX 0134-54-2355


HOME > 看護部

看護部長挨拶

看護部長 長山美知子

長山部長-2.jpg病気や障がいを持つ慢性期の患者様の尊厳を守り、心のかよった医療・看護・介護を提供することを目標にしています。
平成12年4月に抑制廃止を宣言して以来、見守りや少しの工夫を検討し患者様の身体を拘束するようなものを使用しておりません。身体拘束の回避にとどまらず、患者様一人ひとりの人権を尊重する理念に沿ったケアを追求していきます。
また、入院前の状態に回復できるように、日常生活のお世話に加えリハビリテーションに力を入れ、患者様やご家族に「この病院で良かった」と満足していただけるように日々努力しています。
さらに、患者様のケアに携わるすべての職員を大切にする組織でありたいと考えています。進学や子育て、家族の介護等職員が自身の生活に合わせて働けるよう、ワーク・ライフ・バランスを考慮した職場環境づくりに取り組んでいます。



【看護部理念】

  1.地域に選ばれる質の高いサービスを提供します。
   *サービス計画書に基づいた思いやりのある看護・介護に努めます。
  2.期待される役割を知り自己研鑚に努めます。
   *看護介護に関する最新情報を知り現場に活用できるように努めます。
   *研修の場に積極的に参加します。

【看護部職員の基本方針】

  1.高齢者の権利を尊重し、
    やさしさと思いやりのあるケアを提供します。
  2.確かな知識と技術を身につけ、
    安全で安心できるケアを提供します。
  3.高齢者とその家族とも円滑なコミュニケーションをとり、
    信頼関係を築きます。
  4.専門職として質の高いケアを提供するために
    自ら学び続けます。
  5.多職種と協働し、専門職としての責任を果たします。